竹田石材

大分県大分市大字葛木79-3

097-522-0559

メールはこちらから

すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に引越ししたり、お墓そのものを別の場所に引越ししたりすることを「改葬」といいます。
最近では、地方から都市部に引越しされ、お墓を改葬したいという方が増えています。
改葬を行うためにはいくつか書類を集め市区町村へ申請することになります。また、宗教上の決まり事等によるトラブルも起きやすいので、きちんと説明して進めることが大切です。

① 新しい墓地の確保
まず新しい墓地を確保しなければなりません。新しい墓地を探し、「受入証明書(永代使用許可書)」を発行してもらいます。

② 既存の墓地の手続き
既存の墓地の管理者(お寺の墓地の場合はお寺の住職、公営霊園であれば市役所・墓地の管理人、民間霊園は管理事務所)に「埋葬証明書(納骨証明書)」などを発行してもらいます。

③ 市区町村役場の手続き
既存の墓地のある市区町村役場に行き、改葬の申請を行います。「改葬許可申請書」に記入し、「受入証明書(永代使用許可書)」「埋葬証明書(納骨証明書)」を一緒に提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。
※市区町村によって違いがあります。
※手数料がかかる場合があります

④ 既存の墓地からの移動
既存の墓地に「改葬許可証」を提示し、お墓から遺骨を取りだします。

⑤ 新しい墓地への改葬
新しい墓地に「改葬許可証」を提示し、改葬を行います。
仏式の場合は法要を行います。

⑥ 既存の墓地の整備
既存の墓地を、購入前の状態に戻してから返却します。

④~⑥は石材店が行います。※法要は除く

 墓石の大きさ、状態、移動距離等により価格は異なります。まずはお気軽にお問い合わせください。

TOPへ戻る